東京のクラシックギター教室を比較するときのおすすめな方法

東京には多数のクラシックギター教室があります。規模で分類すると、楽器メーカーなどが経営している音楽教室、ギターだけを専門に教えている音楽教室のように大手のところがあります。次に、カルチャーセンターの中の一部門としてクラシックギターを教えているクラスもあります。また、個人の先生が自宅や公民館などの場所で教えている個人教室などがあります。クラシックギターを習おうと思っている人が、どんな人なのか、どんなレッスンをしたいと思っているのかによっても、選ぶべき教室は変わってきます。それぞれの教室の特徴を知った上で、自分の目標や目指すものが得られる教室を選んでいくのがおすすめです。そのためには、まず各教室の情報を集め、特徴を知るところから始めていきましょう。

東京のクラシックギター教室の特徴

大手の教室の場合、クラシックギターだけを教えているところは、複数の先生が在籍しています。クラシックギター界でも有名な先生を揃えている場合が多く、憧れのギタリストから直接指導を受けられる可能性もあります。音楽教室の中では専門性が高いため、初心者はもちろん、ある程度弾ける中級者やプロの演奏家を目指したい上級者にも合うレッスンを提供してくれます。楽器メーカー系の音楽教室は、どこの街でも見かけることが多く、クラシックギターを初めて習いたいという方が気軽に習うことができます。カリキュラムや使う教則本なども統一されているので、引越などをした時も続けやすい特徴があります。個人教室は、レッスンの進め方や月謝なども先生がすべて決めます。大手の教室に比べてリーズナブルな料金で、時間的にも融通が利くのでしっかり見てもらえます。

東京のクラシックギター教室を比較する方法

大手の教室、カルチャー教室、個人教室それぞれの特徴が分かったところで、まずは教室の情報を集めましょう。情報集めの方法としては、インターネットやお稽古関係の雑誌、折り込み広告や宣伝チラシ、街を歩くと見つけられる看板や実際に習っている人からの口コミなどです。クラシックギターを習うにあたって重視したいことも優先順位をつけていきます。立地条件や時間的条件など、自分のライフスタイルに合わせて通いやすいことがまず一番大事です。忙しい人なら、レッスンの振替ができるかどうか、なども確認しましょう。また、月謝は毎月必要となるので、無理なく払える金額かどうかも考慮しましょう。月謝以外に金銭的に必要なものはないかもチェックします。教室をいくつかに絞り込んだら、実際に見学や体験レッスンに出かけてみましょう。