東京のクラシックギター教室を探す前の注意点

クラシックギターをこれから習おうと思っているのであれば、教室を探していくこととなります。教室探しをする際に知っておいた方がよい基礎知識があります。クラシックギターを教える教室には、主に楽器メーカーなどが経営している大手の教室、カルチャー教室、個人教室があります。大手の教室の中には、クラシックギターを専門にしている教室、さまざまな楽器の演奏法を教える教室があります。クラシックギターを専門に指導している教室は、演奏家として有名な講師を複数揃えていることが多く、直接指導が受けられる点が人気です。さまざまな楽器を教える教室は、初心者でも門戸を叩きやすく始めやすい環境が整っています。カルチャー教室も同様に、初めての方でも気軽に始められます。個人教室は、生徒のレベルに合わせてきめ細やかな指導をしてくれます。

東京のクラシックギター教室の月謝体系

東京のクラシックギター教室は、教室の規模で分類できますが、月謝の支払い体系などでもそれぞれ異なります。大手の教室の場合、大体1ヶ月単位で入学することができます。新年度が始まる4月や夏休み明けなどには、新しく習い事を始めたいという人も増えるため、生徒募集のキャンペーンを行うことが多いです。その時期には入会金が半額になったりするお得なプランが用意されているので、チェックしてみましょう。カルチャーセンターの場合は、3ヶ月から半年を1つの区切りとして考えている場合が多く、お月謝も3ヶ月分をまとめて前納する形になります。そのため、入会するのは、生徒募集をする3ヶ月単位で考えると良いでしょう。個人教室は、始めたいと思った時にいつでも始めることができます。

東京のクラシックギター教室の特徴

大手の教室の場合、年に1度発表会を開催することが多いです。普段は個人レッスンまたはグループレッスンで練習をしていきますが、広いホールで伴奏の人と合わせたり、他の人と合わせたりする楽しみがあります。また、人に聴いてもらうために演奏しなくてはならないので、必然的に練習にも力が入り、発表会に出場すると上手になれます。個人教室の場合は、発表会を行う先生と行わない先生がいます。生徒の人数が少ない場合は、複数の先生が寄り集まって合同発表会を行う場合もあります。初心者でクラシックギターを始めたいと思っている人の場合、まだ楽器を持っていないというケースもあるでしょう。大手の教室では、楽器のレンタル制度を設けているところもあります。レンタル制度を利用すると、例えば仕事帰りや学校帰りにレッスンに寄りたい時も、荷物が増えずに気軽に通えます。