東京のクラシックギター教室の特徴を分かりやすく説明します

東京のクラシックギター教室は、大きく分けて3種類あります。1つは楽器メーカーなどが主催する音楽教室の中の1部門としての教室です。次に、カルチャーセンターの講座として含まれている教室です。最後に、個人の先生が自宅などで教えている教室です。楽器メーカーが主催する音楽教室は、インターネットのホームページなどで宣伝をしていますし、テレビやラジオなどのメディアでも宣伝を見かけることもあります。カルチャーセンターの教室は、地元のタウン誌などに広告を載せていたり、チラシで宣伝しています。個人の先生が開いている教室は、インターネットなどで情報が見つかることもありますが、実際通っている人から紹介してもらったり、街を歩いて看板などを目にしたりすることもあります。

レッスンの形式などはそれぞれ違います

大手の楽器メーカーが主催するクラシックギター教室は、東京に限らず日本全国様々なところでレッスンが行われており、カリキュラムも統一されていることが多いです。そのため、例えば転勤などで教室を変わったとしても、同じ教則本に基づいてレッスンが行われますし、月謝などのシステムも統一されているので、なじみやすいです。カルチャーセンターなどは、それぞれ独自のルールが決めてあり、月謝も月々で支払うというよりは、3ヶ月単位などで支払うことが多いです。カルチャーセンターの場合は、レッスンを行っている日が限られているため、予定が合わないと習いにくい傾向があります。個人の先生が開いている教室は、レッスンの進め方も教材の選び方も、その先生の考え方1つで決まります。月謝も1月毎に支払う場合と1回のレッスン毎に支払う場合があります。

東京のクラシックギター教室の選び方

大きく分けて3つの形式の教室がありますが、まずは自分の通える範囲内にどんな教室があるかを探してみましょう。また、楽器を既に持っているなら問題ありませんが、持っていない場合、レンタル制度があるかどうかもチェックしましょう。楽器を持っている人でも、例えば仕事や学校帰りにレッスンに寄るつもりなら、レンタル制度を利用できれば荷物が少なくて済みます。東京のクラシックギター教室を選ぶ時には、まず立地条件を考えましょう。仕事帰りに寄りたいのか、休日にレッスンに行きたいのかによって、勤務先や学校の近くか自宅の近くか、通う場所も変わってきます。さらに、月謝は毎月支払っていくものなので、しっかりチェックしましょう。月謝以外にも、発表会があるところなら参加費がかかりますし、大手の音楽教室やカルチャー教室では施設冷暖房費などもかかる場合があります。

当社で営業している音楽教室はピアノ・ヴァイオリン・チェロ・ボイストレーニングなどの教室を開講としていて、東京を対象エリアとしています。 各分野の一流の講師による質の高いレッスンを受けることができ、講師の質には自信を持っています。 音楽を通じて人間性を育むことは、学習塾では得ることのできない貴重な経験です。 東京のクラシックギター教室といえば小林音楽教室